個人型確定拠出年金「iDeCo」(イデコ)はいくらまで掛けられる?

 

個人型確定拠出年金「iDeCo」(イデコ)の掛け金

 

個人型確定拠出年金「iDeCo」(イデコ)の掛け金は
毎月5000円以上、10000円単位で掛け金を自由に決める事ができる、とても自由度の高い確定拠出年金です。

 

最低限度額は皆同じ「5000円(5千円)」であるのですが上限には違いがあります。

 

<掛け金の上限>

 

●国民年金第1号被保険者の場合

 

国民年金第1号被保険者の場合は
年額81万6千円まで。

 

・月額¥68,000円(6万8千円)まで

 

 

国民年金第1号被保険者の方とは、自営業者やフリーランスの方で、主に公的年金は国民年金のみです。(老齢基礎年金)
会社からもらえる企業年金がありませんので、自助努力にあたる個人型確定拠出年金「iDeCo」(イデコ)については、他の会社員や公務員に比べ高額の掛け金が上限設定されています。

 

ただし、国民年金基金に加入している場合は、国民年金基金の掛け金と合わせて年額81万6千円を超えない金額となります。
国民年金の付加年金を納めて場合は、上限金額が1000円下がります。

 

小規模企業共済は、個人型確定拠出年金「iDeCo」(イデコ)と同時に加入することができませんが、別枠でそれぞれ上限まで掛ける事ができます。
(小規模企業共済の上限は月額7万円です)

 

 

 

企業年金や企業型確定拠出年金のない会社に勤めている会社員の場合

 

企業年金や企業型確定拠出年金のない会社に勤めている会社員は年額27万円まで。

 

・月額¥23,000円(2万3千円)まで

 

企業年金や企業型確定拠出年金のない会社に勤めている会社員の年金は国民年金と厚生年金です。2つの年金の上乗せという形で、個人型確定拠出年金「iDeCo」(イデコ)に加入することになります。
そうすることで、年金の3階層が構築でき老後の安心感も更なるものとなります。

 

 

 

企業型確定拠出年金に加入している会社員は2パターン

 

 

企業型確定拠出年金(企業型DC)のみに加入している場合

 

年額24万円まで。

 

・月額¥20,000円(2万円)まで

 

 

企業型確定拠出年金(企業型DC)のみに加入している会社員が個人型確定拠出年金「iDeCo」(イデコ)に加入する場合、企業型確定拠出年金(企業型DC)の上限は年額66万円から42万円に引き下げられます。

 

企業型確定拠出年金(企業型DC)の元々の上限は66万円です。
例え、個人型確定拠出年金「iDeCo」(イデコ)に加入したとしても、企業型確定拠出年金(企業型DC)の上限が42万円に下がるので、企業型DCの上限42万円とiDeCoの24万円をたしても、66万円なので、企業型DCの元々の上限である66万円を超える金額をかける事はできません。

 

 

 

企業型確定拠出年金(企業型DC)と確定給付企業年金(企業型DB)に加入している場合

 

年額14万4千円まで。

 

・月額¥12,000円(1万2千円)まで

 

 

企業型確定拠出年金(企業型DC)と確定給付企業年金(企業型DB)に加入している会社員が個人型確定拠出年金「iDeCo」(イデコ)に加入する場合、企業型確定拠出年金(企業型DC)の掛け金の上限は年額33万円から18万円6千円に引き下げられます。

 

会社が企業型確定拠出年金(企業型DC)と確定給付企業年金(企業型DB)に入っている場合企業型確定拠出年金(企業型DC)の上限は元々33万円で、例えiDeCoに加入しても企業型DCの上限が18万6千円に下がるので、18万6千円と14万4千円を足しても、総額33万円で、元々の会社が企業型確定拠出年金(企業型DC)の掛け金上限額33万円は超えられません。

 

つまり、企業型確定拠出年金(企業型DC)に加入している場合は、個人型確定拠出年金「iDeCo」(イデコ)に入っても現状と変わらないのです。

 

 

確定給付型企業年金(企業型DB)のみ加入の会社員

 

確定給付型企業年金(確定給付付企業年金や厚生年金など)がある会社員の場合は

 

年額14万4千円まで。

 

・月額¥12,000円(1万2千円)まで

 

 

確定給付型企業年金(企業型DB)のみ加入の会社員の場合、個人型確定拠出年金「iDeCo」(イデコ)の上限は14万4千円で、確定給付型企業年金(企業型DB)に変化はありません。

 

1階層目に国民年金、2階層目に厚生年金、3層目に確定給付型企業年金(企業型DB)、4階層目に個人型確定拠出年金「iDeCo」(イデコ)となり年金が4階層展開することになります。

 

 

公務員の場合

 

公務員の場合は

 

年額14万4千円まで。

 

・月額¥12,000円(1万2千円)まで

 

1階層目に国民年金、2階層目に厚生年金、3層目に個人型確定拠出年金「iDeCo」(イデコ)となり年金が3階層展開することになります。

 

 

専業主婦(主夫)国民年金の第3号被保険者の場合

 

国民年金の第3号被保険者の場合は、

 

 

年額27万6千円まで。

 

・月額¥23,000円(2万3千円)まで

 

 

主に専業主婦(主夫)が多い国民年金の第3号被保険者の場合は、公的年金は国民年金しかありません。
国民年金の老齢基礎年金の開始時期は65歳である事からも、他の年金は確保しておいた方が良いです。
65歳開始と言っても現行であって、将来70歳開始になる可能性もたかいですから、国民年金だけに頼るのは少し無理があるのです。
少子高齢化の余波は、確実にのしかかってきますので、個人での自助努力を少しでも早く初めて安定した
老後を迎えられるようにしたいですね。

 

 

個人型確定拠出年金「iDeCo」(イデコ)の掛け金は、属するタイプにより上限が決まっています。
年金ですから将来に向けてうまく運用していきましょう。

 

例えば3%で運用した場合

 

年額14万4千円を大学卒業から60歳まで掛けた場合1000万円程度の年金を用意できます。
長い目で見てコツコツと運用するのが安心の老後につながります。

 

自営業、フリーランスの方や企業年金の無い会社員の場合は、もっと多くの掛け金を掛けられますから多くの年金を積み上げていく事が可能です、自分のライフスタイルに合わせて個人型確定拠出年金「iDeCo」(イデコ)を
活用していくことが良いでしょう。

 

 

2018年からは掛け金は年単位で管理できる

 

現行、個人型確定拠出年金「iDeCo」(イデコ)の掛け金は月単位での運用となっていますが、2018年からは柔軟な拠出運用ができるように、掛け金の上限は年単位になります。

 

年単位で運用できると、企業年金がない会社員などは、ボーナスを上限枠いっぱいまで入れて運用することもできます。
月々1万円しか個人型確定拠出年金「iDeCo」(イデコ)に拠出できない人でも、年額27万円までの上限があった場合
上限27万円の内、12万円しか使っていませんでした、しかしボーナスを残りの15万分を拠出すれば、上限いっぱいの27万円まで運用できるのです。

 

年単位で管理できると、月々の負担を軽くしてボーナス併用で管理でき、益々個人型確定拠出年金「iDeCo」(イデコ)が運用しやすくなります。

 

 

 

掛け金の納付方法

 

個人型確定拠出年金「iDeCo」(イデコ)の掛け金の納付方法は、一律ではなく属性により納付方法が違っています。

 

 

自営業やフリーランスなどの国民年金第1号被保険者

専業主婦(主夫)などの国民年金第3号被保険者

 

 

掛け金の納付方法は、本年名義の預金口座からの口座」振替になります。

 

 

 

会社員と公務員の場合

 

 

掛け金の納付方法は、

 

@事業主振込
給与天引きされ、掛け金は事業主経由で払う

 

A個人振込
本人名義の預金口座から口座振替で納付する

 

 

会社員と公務員は、2つの納付方法が用意されていますが、事業主経由での納付方法を選ぶ人はほとんどいないとされています。

 

本人名義の口座から、口座振替する場合は、翌月26日に振替になります。
ですので、たとえば1月分の納付分は、口座から2月26日に振替になります。

 

26日に振替になりますが、その時口座に振替分の残高が無い場合、後日振替がありませんので、「未納」扱いになりますので注意が必要です。

 

 

掛け金は年に1度変更できる

 

個人型確定拠出年金「iDeCo」(イデコ)に加入した後に、環境が変わってしまう事があります。
例えば努めている会社の業績が悪くなり給料が下がってしまった場合など今までの掛け金を払うのがきつくなってしまいます。

 

また、その時はいけると思った掛け金が自分の環境の変化で悩む場合もあります。
これから子供の教育費が思った以上に掛かる、など環境がもたらすこともあります。

 

実は個人型確定拠出年金「iDeCo」(イデコ)の掛け金は、年に1度、掛け金の金額を変更することができるのです。
ただし、自営業の人が会社に就職して、国民年金第1号被保険者から第2号被保険者になった場合種別変更と言う事で掛け金の上限が変わった場合の変更は、掛け金の年に1度の変更の内には入りません。

 

掛け金が生活費を圧迫し、一時的に掛け金を払うのをストップしてしまった場合は、加入者資格喪失届を金融機関に提出します。そして、掛け金を支払っていませんので運用指図者となり退職所得控除額を計算する時の勤続年数にはカウントされません。

 

そうならない為にも、月額最低額の5000円に減額しても積み立ては続けておくべきです。

 

掛け金を変更できるので、自分のライフスタイルに合わせて変更しても良い。
加入時は掛け金を1万円にしておきましたが、結婚し子供が生まれ掛け金の1万円がきついと思った時は、掛け金を5千円にしておき、子供がある程度大きくなり、妻も共働きになり生活に余裕が出たら、上限金額まで掛け金を上げる事もできます。

 

個人型確定拠出年金「iDeCo」(イデコ)の掛け金は、年に1度変更することができますので自分のライフスタイルに合わせて変更する事もできます。
時には掛け金を上げたり、時には掛け金を下げるといったこともできるのです。

 

上手く活用して、加入者資格喪失と言うことにならないように、この変更制度をうまく活用して年金を運用していくことが大事です。